『いのりのり』のサブカル成長記録

いのりのりのサブカル成長記録

豪州在住の日本人大学生が色々な趣味に取り組む

【イラスト成長記録21】生まれて初めてちびキャラを描く

 

どうも皆さん、いのりのりです。

 

「あれ?前回【イラスト成長記録21】で風景絵を描いてなかった?」と覚えてらっしゃる方がいるかもしれませんが、よく考えてみると「背景編」として区切ってしまうとキャラ絵を単体で出しづらくなってしまうわけです。

なので前回投稿した【イラスト成長記録21~背景編~】を【イラスト成長記録】シリーズから独立させて【風景イラスト成長記録】シリーズの第一話として扱うことに変更しました。

 

こちらの【イラスト成長記録】シリーズでは過去20話に続き、美少女イラストの練習を記録していこうと思います。

 

というわけで、改めてイラスト成長記録21をやっていきましょう!

今回のオリジナルイラスト

 

タイトルにある通り今回は人生で初めてミニキャラを描いたわけですが、 無論ミニキャラだけを描いたわけではありません。

 

まずはこちらの六頭身キャラを描きました!

f:id:inorinoriblog:20190115174147j:plain

 

最初は普段通りこちらの説明をしていこうと思います。

分析

 

今回は絵柄の矯正がメインの課題となりました。

 

服の完成度や作り込みは前回イラスト成長記録20でご紹介した絵のほうが高い気がしますが、可愛さや絵柄の統一感については今回のほうが圧倒的に上なのではないでしょうか。

 

これまでは最低限の技術力すらなかったので仕方なかったのかもしれませんが、最近では「可愛けりゃ多少の粗も関係ねぇよな!」という思いでイラストに取り組んでいます。

 

事実、今まで私がPixivに投稿した作品で一番評価されているのが【イラスト成長記録4】の絵ですからね。大分前ですよ!

 

一昔前の萌え絵っぽさがあり、私の目指すところではなかったので今の絵柄からは大幅に外れていますが、こうして見返してみるとなかなか可愛いんですよねぇ。

 

つまり可愛いは正義というのが数字によって証明されてしまったわけです。

 

まあそうは言いつつ、技術力が上がればそれだけ絵のクオリティーが上がるので、分析し、改善点を見出してスキルアップを目指す努力を惜しむ気はありません。

 

その上で可愛さも磨いていければ言う事なしですね。

 

改善点

 

まあ、服ですよね。 

袖の部分はシワが多いので逆に幾分か簡単なのですが、平らな面積が広いとどう描いていいのか分からなくなってしまう事が今までもよくありました。

いい加減、次までに答えを見つけておこうと思います。

 

髪の塗り方もいまだに迷子になってしまっているので、これも引き続き模索していこうと思います。

ちびキャラ

 

で、普段ならここで〆る所ですが、今回のタイトルにもなっているミニキャラをまだ見せていませんでした。

 

もはやオマケになってしまったミニキャラがこちらです。

f:id:inorinoriblog:20190115174354j:plain

今回は手とか線画修正すらせずに適当に描きましたが、考えてみたらそもそもちびキャラで張り切って手を描く必要すらなかったと今気づきました。

 

人生で初めて描きましたが、中々に可愛くできたのでは!?

 

塗りなんかはこんなんで十分でしょうし、目とかをもう少し縦長にすればほぼ完璧といって良いでしょう。

こんなに簡単に描けるなら、これから毎回練習したキャラのちび版をおまけとして一緒に載せてみてもいいかもしれません。

 

今日はこのへんで......

 

それでは!



 

2018年1月15日  いのり のり

【風景イラスト成長記録1】雲と太陽と草原と

 

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!

いのりのりでございます!

 

今まで美少女キャラクターを中心に練習してきたイラスト成長記録ですが、前回でついに話数が20台に乗り、ここまでとても良いペースで成長してきているのではないでしょうか。

 

このまま美少女イラスト一つで突き進んでも良かったのですが、やはりもっと色々なものを表現したい!という気持ちが強かったので、表現度を高めるためにも今回から風景を中心に練習していく事に決めました。

 

(2019年1月15日:イラスト成長記録シリーズから独立させて名称を【背景イラスト成長記録】に変更しました。)

 

というわけで、まずは何を練習するのかと言われたらやっぱり雲ですよね!

屋外のシーンではほぼ必ず登場するので、とりあえず練習しておいて損はないはず。

 

一枚目

 

そんなわけで私が初めて描いた雲がこちらです!

 

f:id:inorinoriblog:20190105215532j:plain

 

これは前に広島に行ったときのついでに撮ってきた写真の模写です。

Clip Studio Proに標準搭載されているにじみ縁水彩で、サイズを変えながらゴシゴシしました。

 

模写とはいえ、ここまであっさり描けるとは思っていなかったです!

まだまだ改善の余地はあるかと思いますが、どこかで感じていた背景絵に対する苦手意識は完全に払拭できました。

 

二枚目

 

一枚目がほんの一時間程度で描けたこともあり、そのままもう一つ、今度は完全に想像で描いてみました。

 

それがこちら。

 

f:id:inorinoriblog:20190105215612j:plain

(水面に映る雲的なシーンが描きたかった......)

これは自分のキャラ絵と合わせられるように、リアル寄りではなく絵画?アニメ風?の雲にしてみました。

 

本音を言えば水面の中央にキャラクターも描いて、下の水に波紋を出したかったのですが......難しすぎて途中で断念しました。

いつか再チャレンジします。

 

三枚目

 

そして二枚目もやはり一瞬で完成したので、さらにもう一つ!

 

はいドン!

 

f:id:inorinoriblog:20190105215658j:plain

 

草原と飛び散った草が想像以上に良い出来栄えでした!

見つめているとだんだん某旧式窓OSの背景画像に見えてくる不思議。

 

ちなみに雲だけをリアル寄りにするとこうなります。

 

f:id:inorinoriblog:20190105215735j:plain

 

はい、違和感しかないですね。

 

こちらの雲はClip Studioで公開されている無料プラグイン「ちぎれ雲」を使用しています。

写実的な絵柄には心強い味方になりそうですね。そういう絵を描きたいという方は是非使ってみてください!

 

さいごに

 

というわけで、今回は三枚の風景絵を練習してみました。

シネマティックな背景を描きたいのであれば、実際に撮ってきた写真を模写・トレースするのが一番手っ取り早くて綺麗に出来るかと思います!

 

今回のポイント

1)背景にキャラクターが違和感なく立つように心掛ける。

2)雲も奥行きを意識する。

3)雲だけリアルになりすぎないように注意する。

 

今回はここまで!次回の風景イラスト成長記録でお会いしましょう!

 

良いお年を!




2019年1月5日  いのり のり

【イラスト成長記録20】半年間デジタルイラストを練習した結果

 

どうも皆さん、いのりのりです!

 

タイトルの通り、実は2019年1月2日でブログ創設から半年を迎えます。

 

その三日前くらいにイラストを描き始めていたので、大体半年間デジタル絵の練習をしていたという事になります。

 

思い返せば、この半年で色々なことが起きました。

 

元々『いのりのりのサブカル成長記録』と名付けたのは、自分が今まで何となくやっていた趣味を本格的に始めて人間として成長しようという思いからです。

 

......と話を始めちゃうと、本題から脱線するので今回は割愛します。

 

早速今回のイラストを見ていきましょう!

 

今回のオリジナルイラスト

f:id:inorinoriblog:20181226131721j:plain

いやぁ、次回これ以上のものを描けるのか不安になるくらい良い絵が描けました......!

 

自信のある肌塗り部分が多かったのもありますが、髪の毛が肌の画風に偶然マッチしたのが良かったのではないでしょうか。

 

せっかくですから【イラスト成長記録10】あたりの絵と比べてみましょう。

デジタルイラスト歴1か月の私の絵がこちら!

f:id:inorinoriblog:20181226131830p:plain

(あ、あれ、結構上手くね......?)

 

f:id:inorinoriblog:20181226132019p:plainf:id:inorinoriblog:20181226132022p:plain

 

交換留学とかいろいろあってサボっちゃってたのもあるけど、久しぶりに見返して想像以上に上手くてビビってます。

絵柄に合っているかはともかく、髪のふんわり感とかは前のほうが理想に近い気がする......。

 

もっと精進せねば!

 

以下分析と改善点です。

 

分析・改善点

今回一番成長したところは間違いなく服のシワの表現でしょう。

f:id:inorinoriblog:20181226131910p:plain

(特にここら辺のシワの表現がよくできた気がします。)

 

今後は線を目立たなくさせ、さらに光と影の配分を上手く調整できるようになると、もっと上達できると思います。

 

肌(足)の塗りに関してはもう文句なし。あとは微調整の領域です!



f:id:inorinoriblog:20181226131955p:plain

顔も大分満足できているのですが、他にもっと何かできるかなーと模索中です。

 

顔はほんの少しの違いで絵全体の印象が大幅に変わるので、凝ろうと思えばいくらでも凝れるのが楽しいですね。

 

さいごに

ということで今回はここまで!

 

キャラ絵ばっかり極めてもしょうがないし、そろそろ背景絵も並行して始めていこうかと思います。

 

(実は広島旅行もその素材集めの一環だったりします。)

 

そういう訳で、次回【イラスト成長記録21】でお会いしましょうー!

それでは!!

 

 

2018年12月26日  いのり のり

【イラスト成長記録19】クリスマス・イブだからサンタコスの子を描いた

 

メリークリスマス!

 

どうも皆さん、いのりのりです。

 

実は少し前まで広島旅行に行ってました。

お馴染みの観光スポットに行きつつ、呉港巡りでは「護衛艦かが」や「練習艦かしま」を含む自衛艦を至近距離からバシバシ撮ってきましたので、後でまとめてブログに投稿しますね。



さて、今日はクリスマス・イブという事で、前に宣言した通りサンタを描きました。

 

f:id:inorinoriblog:20181224170223j:plain


先日アマゾン様にお伺い(アソシエイト申請)を立てたところ無事にお許しを頂けたのですが、グーグル様へのお伺いがまだなので今回はかなり控えめなデザインとなっています。

心配しすぎとは思うんですが、他のブロガーさんたちの話を聞く限り、何で蹴られるか分かったもんじゃないので......。

 

(ちなみに描いてはいませんが、ポンチョを取るとオフショルになります。)

 

で、成長記録なのでもちろん分析もしていきますよー。

 

分析

 

まずどうしても最初に目に付くのは、滲み出るの手抜き感でしょうか(よく見ると悪足掻きの跡が見れます)。

やっぱり小物は小物で、人物絵とは別に練習するべきですね。

 

あとは久しぶりにアオリ(下から見上げるようなアングル)の構図に挑戦したせいで若干腕の長さを間違えています。

 

それ以外はだいぶ満足のいく出来でした!

特に苦手な装飾なしの服面積が多めなのに違和感が少なくなってきたのは大幅な前進ではないかと。

前回のテーマだった髪に関しては大幅な時間効率化と、不自然さの解消ができたと思います。

 

改善点

 

もうちょっと高級感が欲しいかな!

目指す画風としてはやはりイラスト成長記録17でご紹介した奇跡の一枚が一番理想に近いです。

 

次回はぼかしスプレーをやりすぎて汚く見えないように気を付けつつ、手抜き感を出さないように塗ってみます。



…...とは言ったものの、実はもう既に20話目用のイラストは出来上がってたりします。

 

個人的にとても上手くできたと思っていますので、どうぞご期待ください!

 

それでは~。

 

 

2018年12月24日  いのり のり

【イラスト成長記録18】『生え際とか意識してるのに何故か髪がうまく描けない問題』解決

 

ぶはー、息継ぎした気分!

 

どうも皆さん、お久しぶりです!とほぼ毎回言ってるいのりのりです。

 

つい最近日本に帰ってきまして、ギリギリPaypay祭りに間に合って安く買えたパソコンからお送りしております!

 

これでプラモとか、ようやくイラスト成長記録以外のシリーズも更新できそうです。

本当は雑記ブログですからねコレ!

 

というわけで早速イラスト成長記録18回目をやって参りましょう!

まずは今回のオリジナルイラストがこちらです。

 

f:id:inorinoriblog:20181215144725j:plain



シャンプーのCM風!

 

いやあ、時間かかった(汗)。

でもようやく『生え際とか意識してるのに何故か髪がうまく描けない問題』が解決したのでチャレンジした甲斐がありました。

 

詳しく見ていきましょう!

 

分析

 

まず、今回はしっかりと練習するテーマを決めてから描き始めました。

というのも、少し前に一度練習テーマを決めずに何となく描き上げたら全く実りのない絵が出来上がってしまい、成長できてない絵を成長記録に載せるのはどうなの?ということで完成品を没にしてしまったからです。

 

もう二度と同じ轍は踏むまいということで、今回の練習テーマは前回話していた『髪』と『動き』に決めました。

 

参考にできそうな髪を描く方をPixivで漁っていた所、Rella様という絵師様を見つけ、絵に一目惚れしてしまったので、今回はそのRella様のイラストをひたすらトレースしてました。

この方の絵は線画をなぞるだけで三時間とか平気で掛かるので、毎回始めるときに躊躇しちゃいます。言い換えればこの方はプロ特有の省略を殆どせず、一枚一枚を丁寧に描いているということなので、トレースしているだけですごく為になります。

 

www.pixiv.net

 

 

あとは前回描いた絵の線画が結構太いと感じたので、今回は目一杯細くしてみました。見た所もうちょっと削れそうですね。

 

肌の塗りはもう殆ど行きたいところまで行けた気分です。透明感があって大変よろしいのではないでしょうか!?

 

改善点

 

まずは先述した『生え際とか意識してるのに何故か髪がうまく描けない問題』についてです。

実は今までずっと不思議に思ってて、今回もずっと悩みながら描いていたら、完成してようやく答えが見つかりました!(もう少し早く気づいてもよかったのよ!)

下の図を見ていただけるとわかりやすいと思いますが、どうやら私は今まで髪の一本一本を円柱として描いてしまっていたようです。触手というか、イカ娘な感じに!

f:id:inorinoriblog:20181215144624p:plain

 

いやあ、無意識って怖いですね......。

「髪はリボンのように描く」といろんなサイトを巡って最低10回は聞いていたはずなんですが、全く活かせてませんでした。

むしろ自分はちゃんとリボンのように描いているとさえ思ってた......。

 

あとは、なんだか透明感が足りないような気がします。

ちょっと重そうというか。

これはちゃんとリボンみたいに描ければ改善するのかな?

 

目元も改善の余地がある気がします!これはいろんな絵師様を研究して行くしかなさそうですね。

研究してる時が一番楽しいです。

 

さいごに

 

今回はここまで!実は最近アナログイラストも始めてみたので、量が溜まったらいつか番外編としてか、もしくは新シリーズとしてまとめて投稿したいと思います。

 

そして次回、サンタ描きます!

【イラスト成長記録19】でお会いしましょう!

 

それでは~。

 

2018年12月15日  いのり のり

【イラスト成長記録17】とりあえずググろう

 

どうも皆さん、いのりのりです。

 

まさかの半月ぶりの更新!

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

私はこの期間で課題をいくつか片づけたおかげで、大分生活に余裕が出てきました。

今まで凄い忙しかったのに、突然暇になると暫く何やっていいか分からなくなりません?

私は「何か忘れてるんじゃないか」って二日くらい不安になります。

 

あ、当然のようにハロウィン間に合いませんでしたね。

クリスマスこそは参加したい!サンタコスのお姉さん描くんだ!

 

というわけでイラスト成長記録17回目、やっていきましょう。

 

早速、今回の一枚を見ていきましょう。

 

ドドン!

 

f:id:inorinoriblog:20181109140053j:plain



な に が 起 こ っ た ! ?

 

なんかいつもの三話分くらい上達してませんか?

 

自分でも何が何だか分からないので、とりあえず分析しながら書いていきましょう。

 

分析

 

まず、今回この絵は4日前から描き始めたのですが、それまでは空いた時間にひたすらトレースと模写をしていました。

おかげで顔が段々Lpip様の描く女の子に近づいてきています!

ただ、線画の段階では滅茶苦茶似てたんですが、着色した瞬間別物になっちゃいました。

 

まあ別に同じモノを目指しているわけではないので、その点は問題はありません。



そして変化その2が服のシワです。

今回特に服のシワが上手く描けた気がします。

 

これは恐らく半月の間「いちあっぷ」というサイトに入り浸っていたおかげですね。

初心者用の基礎的な事から、中級者向けのテクニックまで幅広く解説してくれているので、めっちゃおすすめです!

 

ichi-up.net

 

影の塗り方なんかも、ちょっと不明な点があったらすぐに調べるようにしました。

些細な点でも必ず答えがネットのどこかに転がってるので、これからも違和感のある点はどんどん調べていく予定です。



最後に、私の描く絵でほぼ必ず発生していた謎の薄さですが、こちらも偶然解決方法が見つかりました!

どうやら最終的にコントラストを調整することで、不自然な色の薄さが消えるようです。

「そんなことか」と思うかもしれませんが、発見した時の衝撃たるや......。

 

改善点

 

私が今一番上手くなりたいと思っているのは髪の描き方・塗り方です。

髪、特に私がよく描くロングヘアーはキャラの動きや感情を表現するのに重要な上、画風やクオリティを左右する大事なパーツなので、これから髪の描き方なんかを重点的に調べて、練習していきたいと思います。



あとは、今まで目を背け続けてきたファッションですね。

 

これまでは適当に想像で描いたり、ネットで拾ってきた画像を参考にしていたのですが、やはりデザインを学ぶ者としてはもっとセンスのある絵が描きたいわけです。

というか毎回服のチョイスに散々悩んだ挙句、結局制服を描こうとするのを止めたい(その制服すら細かい所がよく分かってないっていうね)。

 

というわけで、男だからという理由で逃げ続けるのはやめて、これから少しずつレディースファッションを学んでいこうと思います。

 

それでは!

 

 

2018年11月9日  いのり のり

【イラスト成長記録16】笑顔は人を魅力的にする

 

どうも皆さん、いのりのりです。

 

今回は何とか一週間以内に描き終わりました!

最近私の時間が爆速で過ぎ去っていくのですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

そういえば先日ついにパソコンの音が亡くなりました。ヘッドフォンを繋いでもダメなので、ハードの問題ではないと思うのですが......。

なんかこのまま本体のほうも寿命を迎えそうな予感がします。お願いですから後二か月持ってください。

 

まあでも壊れるときは壊れるから仕方ないよね!というわけでイラスト成長記録16、やっていきましょう!



前回お伝えした通り、今回の女の子に表情を与えました。

(今までの子はほぼ全て表情筋が死んでましたからね)

 

それがこちら!

 

 

f:id:inorinoriblog:20181020025556j:plain



今回は笑顔でも、ニッコリ破顔の表情。

二次元でも三次元でも、男性でも女性でも、屈託のない笑顔は素敵ですよね。

 

 

f:id:inorinoriblog:20181020030146j:plain

 

 

おかげで可愛く描けました。

 

とはいっても、まだまだ理想には程遠いのですよ......。ということで、恒例の分析タイムです!

 

 

まずは背景について。

まあ正直背景と呼べるほどのものではありませんが、影の都合上、簡単な夕焼けを描いてみました。

単色じゃなかっただけでも良しとします。

 

しかしやはり背景とエフェクトをサボってきたツケが回ってきたのでしょうか?完全に逆光の位置を間違えました。

顔に集中してほしいのに、腰が光ってるせいでフォーカルポイントが分散してしまっていますね。

顔か胸辺りが光っていれば、ある程度目線を纏められていたと思います。

 

次に影の塗り方についてですが、いつも通りノッペリしてしまっていますねー。

もうちょっとメリハリがあって、リアル寄りの塗り方を目指しているのですが、中々上手くいきません。

 

コメントでもご指摘いただいた通り線の色も変えているのですが、それでも結構目立っちゃってる気がします。だいぶ良くはなったんですけどね。

かといって薄くすると存在感が消える......どうすればいいんだ―!

(感想・アドバイスお待ちしております笑)



さて、次回はハロウィンの絵!と行きたいところですが、見事に大事な課題の提出日と丸被りしております。

果たしてのりは後10日で描けるのか!?

こうご期待!

 

それでは!!

 

 

2018年10月20日  いのり のり

【イラスト成長記録15】厚塗りっぽい何かができた

 

どうも皆さん、いのりのりです。

 

やってまいりました今回のイラスト成長記録。

割と久しぶりの更新ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

出来れば週一くらいのペースで成長記録を投稿していきたいのですが、ご覧の通り苦戦しております。

 

 

まあ、絵を描くことは人生の最期まで付き合っていける貴重な趣味なので、気長に楽しめる程度にやっていきましょう。



 

さて、そんなこんなで本題に移ります。

 

前回宣言した通り、今回は厚塗りをしてきました。厚塗り......のはずです。

今回だけで芯が凄いすり減ったので、少なくともそれっぽい事はしていたようなので名目上厚塗りとしておきましょう!

 

それがこちら!!

 

f:id:inorinoriblog:20181013012120j:plain



はい、今回は初めての和服――浴衣です。

 

絶妙に季節に乗り遅れていくスタイル。

シンガポールは年中夏なのでセーフとします。

 

浴衣の柄は千様のフリー素材からお借りいたしました。

明記は必要ないとありましたが一応。

 

www.pixiv.net

 

というか今回、完全に絵が柄に負けてますよね。

 

くっ、絵のレベルが低すぎると素材にすら牙を剥かれるのか......!

地味にへこむのでしばらく素材の使用は一時禁止とします。

 

 

というわけで分析していきましょう。

 

 

今回の悪かった点は、傘を結構適当に描いてしまった点と、厚塗りと宣言したのに厚塗り感を出せなかった点でしょう。

 

傘などの小物や背景に関してはやはり数を描かないと、いくら人物だけ描いても上達しないという事がよくわかりました。

そして同時に大量に描いても、本気で直そうとしないと無意識に手を抜くようになってしまい、私の描く服のようにいつまで経っても上手くならないという事も理解させられました。

 

やはり#13の線画や#14のポーズのように、毎回テーマを決めてそれに本気で取り組むのが最も集中しやすく、成長しやすい方法なのでしょう。

 

厚塗りに関しては単純に経験不足と、厚塗りという新技術に踏み込み切れなかった私の甘えが原因なのかなぁ。

 

そして最後に、これは私の過去絵にも言えるのですが、最近になって私の描く顔に生気が感じられないというか、身体と合っていないような気がしてきました。上手く言い表せないのですが、作り物っぽいというか、表情がないというか......。

ストーリー性がなく、ただそこに居るだけに見えてしまいます。

 

うーん。

 

顔を描きこみすぎて顔だけ浮いてしまっているのでしょうか?

とりあえず次回は身体に合わせるように努力しつつ、表情豊かな顔を描いてみたいと思います。

 

さて、ボロクソにいうのはここまで。

勿論良いところも見ていきましょう。

 

というわけで今回のバストアップと、私が#12#13で描いたものを比較してご覧ください。

 

 

f:id:inorinoriblog:20181013013652j:plain

 

 

前回の#14は試しのアニメ塗りだったので除外しますが、着々と上手くなってきていますね!

とりあえずはまだ上達ペースを保てているようで何よりです。

正直色々描きたいものがあるので早くいい具合まで行って安定してほしいんですけどね......。



 

はい、ということで今回はこの辺で。

 

一週間の短い休みが終わってしまったので、またしばらくは更新・イラスト練習が滞ると予想されます。

 

あ、それと少し前に過去のイラスト成長記録シリーズの冒頭と最後にハイパーリンクを設置していて気づいたのですが、過去の回にいくつかはてなブックマークが付いていました。

申し訳ないことに、全く気付いてなかったです......。通知が仕事をしていないのか、私が見逃してるだけなのか......。

 

応援コメをいただいていて、今更ですがやる気が満ち溢れました。

本当にありがとうございます!

 

100文字制限という短さから大体の方は書置きとして利用しているようなので、これまで通り基本的に私もコメント返しは直下のコメント欄のみにしようと思います。

 

ということで、これからもどうぞよろしくお願いします!

 

それではー!

 

 

2018年10月13日  いのり のり

クリエイターなら覚えておきたい4種類の没入感

どうも皆さん、いのりのりです。

 

皆さんは没入感という言葉をご存知でしょうか。英語ではImmersion(イマージョン)と呼びます。

 

ちなみに辞書にはこうありました。

 

“すっかり熱中して、その世界に入り込んでいるという感じ、浸っている・没入しているという感覚などを意味する語。”

 

結構ぼんやりしてますよね。なので今回はできるだけ詳細に、没入感に対する理解を深めていきましょう。

 

アナタが何らかの創作に携わっている・興味を持っている方ならば、アナタの作品がどの種類の没入感に属しているのかを正確に見極め、より魅力的な作品にできるよう参考にしてみてください!

 

 

4つの没入感

 

没入感とは元々ビデオゲームに関する研究から生まれた言葉だと云われています。

 

辞書には「何かに熱中している状態」とありましたが、その熱中状態に至るまでのプロセスは以下の4つに分けられます。

 

 

 

1つ目がStrategic Immersion(和訳:戦略的没入感)と呼ばれる感覚で、パズルなど何かに対して集中して考えている時に感じる没入感です。一見つまらなそうな数独クロスワードに一定のファンがいるのも、この戦略的没入感を体験しているからです。

 

 

2つ目はTactical Immersion(和訳:戦術的没入感)と呼ばれ、ユーザーのスキルが問われる事をしている時に感じます。例えば創作活動をしている時、没頭して時間も忘れてしまうという方も多いのではないでしょうか?

 

 

3つ目のNarrative Immersion(和訳:物語的没入感)は、所謂物語の世界に入り込んでいる感覚です。小説なんかが代表的な例ですね。

 

 

そして4つ目のSpatial Immersion(和訳:空間的没入感)が、VRゲームなどで感じる現実との区別がつかなくなる感覚です。昨今、何故ゲーム会社が挙ってグラフィックの向上に力を注いでいるのかというと、グラフィックが現実に近いほど没入しやすいからです。例えばドット絵から情景をイメージするのに脳のリソースを割くよりも、最近の美麗グラフィックのゲームのほうがユーザーが楽にイメージでき、圧倒的に没入しやすくなりますよね。

 

(注:和訳が存在しなかったので適当に名付けていますが、英語は合ってます)

 

 

どうやって活かす?

 

まず基本的に、この4種類の没入感を多く取り入れている物ほど没入しやすいと云われています。

 

例えば一般的な小説は戦略的没入感と物語的没入感の二つしかありませんが、映画であれば加えて空間的没入感も兼ね備えているため、一般的には小説よりも映画のほうが没入しやすいですよね。



私は最近絵の練習をしているのでイラストを例に出しますが、普通のイラストには基本的に空間的没入感と、物語的没入感の二つしかありません。

ですがなんと!実はすべての没入感を兼ね備えた面白い例があるのでご紹介したいと思います。

 

コーラ様という、主に風景画を描かれているイラストレーター様をご存知でしょうか。

 

www.pixiv.net

 

この方の絵が単純に滅茶苦茶上手いのもありますが、奥深さやストーリー性も感じますよね。さらにこの方は必ず絵のどこかに「コーラ」という文字を入れるので、それを探すゲームのような楽しみもあるんです!

結果的に絵の隅々まで見ることになるので、他の没入感と相乗効果を生むことになります。

 

つまり、この方の絵はすべての没入感を兼ね備えているのです。

 

事実、凄く惹きつけられる何かを感じるので、知らなかった方はぜひ一度「コーラ」の文字を探してみてください。



さいごに

 

いかがでしたか。

このように、創作物で感動したり泣いたりするのは全て没入感が関係しています。

 

人の心を掴めるような作品を作りたいクリエイターの皆さんは、是非一度4つの没入感を意識して創作に取り入れてみてはどうでしょう?

 

それでは!



2018年10月5日   いのり のり

微妙な値上がり?覚えておこう、丁度可知差異(JND)!

どうも皆さん、いのりのりです。

 

丁度価値差異(ちょうどかちさい)という言葉をご存知でしょうか?

 

主に心理学とマーケティングに使われる用語なのですが、実は皆さんも経験するあの現象を指しています。

 

 

f:id:inorinoriblog:20181002152517j:plain

 

 

皆さんはスーパーやコンビニで食べ物を買ったとき「あれ、ほんの少し値上がりしてる?量もちょっと少なくなってる?」と感じたり、実際に食べてみて「ちょっと味変わった?」と思ったことはありませんか?

 

アナタが偶々値段や味を覚えていなければ気づかなかったような、この微妙な品質の変動を丁度価値差異と呼びます。

 

ちなみに英語ではJND(Just Noticeable Difference)といいます。こっちのほうが覚えやすいかもしれません。

 

いったん出来上がったブランドイメージを崩さずに、一般客なら殆ど気づかない程度にパッケージのデザインを変えたり、値上がりさせたり、量を減らしたり、味を変えたりして市場の変化に対応させていくのです。

 

皆さんが偶々一回だけ気づいたその裏で、実は何十回、何百回と小さい変更を加えているのかもしれません

企業努力というやつですね。

 

今度商品の変化に気付いたときは「丁度価値差異......俺でなきゃ見逃しちゃうね」とドヤ顔してみてはいかがでしょう?

 

それでは!

 

 

2018年10月2日  いのり のり