『いのりのり』のサブカル成長記録

いのりのりのサブカル成長記録

オーストラリア在住の日本人大学生がイラスト、プラモデル、ゲームなど趣味に全力で取り組む日々を綴った成長記録です!

【イラスト成長記録9】絵が(ちょっと)上手くなる?効率重視な練習

まえがき

どうも皆さん、のりです。

 

なんと早いもので、私がデジタルイラストを描き始めて一か月が経ちました。

つまり、私のClip Studio Pro体験版が終了したことを意味します。

そんな私の足掻きを記した【イラスト成長記録】も次回で10話目に突入しようとしています。

イラストの腕も順調に成長しているように感じます。

そして同時に、長かった大学の休みがもうすぐ終わろうとしています。しかも海外留学なので絶対に忙しくなるでしょう。

 

切りの良い数字に、切りの良い時期。

 

えっ、なに?そんなにイラストやめさせたいの?

 

ってくらい様々なフェードアウトの危機が迫っています。

でも逆に考えれば、ここさえ乗り越えればこれ以上の危機はそうそう無いということです。

 

ぜってーやめねーかんな!



本編

 さて、節目となる次回【イラスト成長記録10】ではやはり現状最高のイラストが描きたいと思っています。

 

というわけで、それに向けてのイラスト練習をしてきました。

その過程を、段階ごとに説明していきたいと思います。

 

線画編 ~線の太さ~

まず初めに、線の太さから見直しました。

私が目標とする、5人ほどの絵師様が描く線の太さや、それぞれの特徴や見え方を研究しました。

それらを参考にしつつ、自分に合いそうな太さをチョイス。

さらに、今まで硬さMAXに設定していた線を柔らかくしてみました。うまく色と馴染んでくれる事を願います。

 

~線の色~

f:id:inorinoriblog:20180729122759p:plain

上の画像は絵師様が描いた一枚の絵から線の色をスポイトで取り、並べたモノの内の一部です。

コメントでもご指摘いただいた通り、絵師様方の線画はどれもカラフルでした。

それどころか私のように完全な黒を使っている人なんて一人もいませんでした。

錯覚って恐ろしい......。

 

~顔の形~

f:id:inorinoriblog:20180729122925j:plain

これは色々な絵師様の顔の輪郭だけトレースしてきました。これで自分の理想の顔の輪郭を探しました。

ただ描いてみて分かりましたが、どんなに上手い人でも頭の形にばらつきがありました。勿論適当に描いているわけではなく、正確な描写よりもパッと見た時の印象や絵全体のバランスを重視しているようです。

ただ今の私がこれをやるとただの作画崩壊になるのでやりません!

 

~目の形~

f:id:inorinoriblog:20180729122819j:plain

目はキャラクターの命とよくいいますよね。まさにキャラクターイラストのフォーカルポイントです。

そして、今のところ私は自分の描く目があまり好きではありません。

なのでトレースを参考に自分の理想に合う目を探しました。

 

塗り編 ~肌色~

f:id:inorinoriblog:20180729122803p:plain

目と同様、いつも感覚で選んでいる肌色が気に入らなかったので、線画の色と同じようにスポイトしてきました。

光、普通、影の場所でそれぞれ三種類ほど色を使い分けると良いことも分かりました。

 

さいごに

さて、いかがでしたでしょうか。

大層な事をやってきたように言いましたが、ようは今までマトモにやって来なかった基礎練習をようやく始めただけです。

 

この成果は......【イラスト成長記録10】で!

 

それでは~



2018年7月29日  いのり のり